ホーム > 在宅ワークについて > 今!再びのブーム到来!?幼いころに流行った〇〇での遊びが今度はお仕事になるって本当!?

今!再びのブーム到来!?幼いころに流行った〇〇での遊びが今度はお仕事になるって本当!?

筆者は昭和生まれなのですが、幼いころにある遊びが大流行しました。

それが「プラバン」です。

プラバンというのは、プラスチックの板のことです。

プラバンは、オーブントースターで温めると縮むという習性があるので、それを利用してプラバンに好きな絵を描いて形通りに切り抜き、小さくしてアクセサリーやキーホルダーなどを作って遊ぶという遊びです。

注意しないと火傷をしてしまいますので、小さなお子様はお母さまと一緒に遊ぶ方が多く、親子で楽しめるという点でも流行った要素だと思います。

さて、このプラバンでモノづくりが今季また!大流行しています。

今回は大流行している理由や、昔と違った遊び方の傾向、在宅ワークの可能性などプラバンについてのさまざまな可能性を探っていきたいと思います。

昔と今のプラバンの違いとは!?なぜまた大流行しているのか

img03.jpg

昨今、空前のハンドメイドブームであることは皆様も実感なさっていることだと思います。

テレビ番組でも、ハンドメイドを特集した番組が毎日のように放映されていますし、今では芸能人などもハンドメイドに嵌っている方も多いですよね。

ハンドメイドの利点は、

・時間を忘れて没頭できる
・誰でも簡単にできるものが多い
・忙しくても時間を割いてやる価値がある
・お小遣い稼ぎができる
・世界でたった一つのオリジナルがウケる

などの理由が挙げられます。

そもそも、ハンドメイドがブームになった背景には、働き方改革で「自宅で」行える在宅ワークが注目されたこともあると思います。

また、時代の流れではありますが、「自分だけの」「世界に一つだけ」「独創的」「奇抜」「斬新」など、人々が求める感覚が「みんな同じ」から「たった一つだけ」という考えにシフトしてきたというのも大きな要因です。

このような中で、ハンドメイドの位置としてはさらに「誰でもできる」「家にあるものでできる」というキーワードも含まれるため、材料が100円ショップで揃ってしまうような、プラバン等が人気がぐんと上がるのではないでしょうか。

また、昔はプラバンは平面の作品が主流で、むしろ冷える前に重しを使ってプラバンを平らにするという手法しかありませんでしたが、今は違います。現在では、冷え切ってしまう前にさまざまな道具を使って立体的に加工する3Dプラバンとでも言いましょうか、そんな形のものが主流です。

ですので、昔は単にプラバンに好きなイラストを移してそれをカタチになるように切り、トースターで温めて小さくなったら取り出し、素早く重しで上から体重をかけて平面にするという制作方法だったのが、今のプラバンは、まず仕上がりを予想した展開図を作成し、それに沿って形に切り抜き、温めて冷める前に加工するという手法が主流となっています。また、何枚かのプラバンを重ねてより立体的になるような作成方法もあるので、興味がある方は本や動画を見てみてくださいね。

プラバンで作った作品は、お金になるって本当?どのような販売ルートがあるの?

プラバンで作った作品は、アクセサリーに加工できますので、作成したものを個人で販売する方が増えてきています。

販売ルートとしては、フリーマーケットやアクセサリーイベントで実際に販売することもありますし、インターネットフリマのアプリを使って販売するというルートもあります。イベントに出店すると、お客様と実際に触れ合うことができるので、次回の制作の励みになったり参考になることがありますが、ネットフリマでの販売は相手の顔は見えないものの、全国各地、広い場合は海外にまで販売することも可能ですので、人気があります。

プラバン作家さんだけで言うと、月に10万円以上も稼ぐ作家さんもいるようで、在宅ワークでお小遣い稼ぎをしたいという方にはとても魅力的な世界だと思います。

プラバンは日本人に向いている!?コストをかけずに繊細な作品を作って海外受けも

プラバンの制作について、調べていくと非常に繊細な作品が多いのが目立ちます。

また、使っている材料はプラスチック素材ながら、可能性を秘めた素材でもありますので、和風のものも難なく制作することができます。さらに、日本人は手先が器用な方が多いため、プラバンという単純な素材で非常に繊細な作品を作ることが多く、外国の方にも日本のハンドメイド作家の作品はとても人気があるんですよ。

まとめ

いかがでしたか?

皆さんも、プラバンやってみたくなりませんか?

筆者も、テレビを拝見し久しぶりにやりたくてさっそく100円ショップでプラバンを購入してきました(笑)

在宅ワークを募集している会社様でも、プラバン作家のみならずアクセサリー作家を募集しているところがあります。求人はこのサイトからでも探すことが可能ですので、是非登録してアクセサリーの在宅ワークを探してみてくださいね。もちろん毎月こちらでもアクセサリーの在宅ワークのお仕事を引き続き紹介していきますので、チェックしてみてください。

バイトルで探す

▼バイトル[即日払いOK]の求人情報を検索▼


クラウドワークスで探す

▼在宅ワーク・内職の仕事・求人情報を探すならクラウドワークス▼


資格の取得なら


▼アクセサリーの資格・特技・趣味など多彩な通信講座▼


デコアーティストの取得なら


▼デコアーティストの資格・特技・趣味など多彩な通信講座▼


キーワード