ホーム > 在宅ワークについて > 壮大な歴史の渦の中で過ごしてきたアクセサリー達

壮大な歴史の渦の中で過ごしてきたアクセサリー達

img2.JPG

皆さんが普段付けられている、アクセサリーの歴史についてご存知でしょうか?人類は一体いつからアクセサリーを身にまとうようになったのでしょうか?また、古代人にとってアクセサリーはどのような意味をもたらしていたのでしょう?

最古のジュエリーとは?

現在見つかっている、最古のジュエリーは、アフリカのホモサピエンスの発掘品から見つかったもので、南アフリカのブロンボス洞窟というところから出土しました。それは、カタツムリの殻に穴をあけて作ったビーズでできたものでした。さらに、ケニアのエンカプネ・ヤ・ムトから見つかった の、ダチョウの卵殻に穴を開けたビーズは4万年以上昔のものと見られています。

また、クロマニヨン人は、骨・歯・石を紐・動物の腱・曲がった骨にとりつけた天然のネックレスやブレスレットを使っていたことがわかっており、着てきた服を止めるボタンの役割もしていたとみられています。ロシア南方では、マンモスの牙からつくられた彫刻ブレスレットも見つかっています。銅を使った最古のジュエリーは、7000年前ごろのものが見つかっており、各地でさまざまなアクセサリーが出土していること、年代もかなり古いものであることから人類は古代よりアクセサリーとともに生きてきたことが伺えます。

アクセサリーは人類にとってどんな意味を持っていたのか?

古代エジプトのアクセサリーとして発掘されたアクセサリーは、およそ3000年前から5000年前のものでした。古エジプトの人々は、豪華で加工しやすく、また希少価値が高いとして特に「金」を好んでいました。その証拠に、古代の遺跡や墓からは金でできた豪華なアクセサリーが多く出土しています。さらに、ジュエリーを政治的権力と宗教的権力の象徴に使い始め、富裕層は生きている間だけではなく、亡くなってからもアクセサリーを副葬品として身につけていたことがわかっています。

このような高価なアクセサリーは当然王族や貴族しか身につけることが許されませんでした。アクセサリーをファッションやおしゃれとして身につけるのではなく、自分の地位や身分をあらわすものとして利用されていたようです。

さらに、魔除けやお守りとしてのアクセサリーの歴史もかなり古く、アクセサリーは人々にとってなくてはならない生活の一部、身体の一部であったとも言えるでしょう。

アクセサリー今昔

さまざまな素材や技術の開発によって、私たちは今では気軽にアクセサリーのおしゃれを楽しむことができます。しかし、アクセサリーに対する古代人の思いや、アクセサリーにもたらされた意味などに、思いを馳せながら日々のおしゃれを楽しむのもとても興味深いですね。最近では、ご自分でアクセサリーを作って楽しんだりプレゼントしたり、販売している方もおられます。アクセサリーのハンドメイドを楽しんでいる方は、作ったアクセサリーにはとても思い入れがあります。お金をためて高価なブランドのアクセサリーを買うのも良いのですが、個人個人の思いが詰まった世界でひとつだけのオリジナルアクセサリーをあなたも楽しんでみませんか?

バイトルで探す

▼バイトル[即日払いOK]の求人情報を検索▼


工場WORKSで探す


▼製造・工場のお仕事を探すなら【工場WORKS】▼




キーワード